公法人 東京医師国民健康保険組合
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-1-21
TEL 03-3270-6431 FAX 03-3270-2979

CONTENTS
組合概要・紹介
資格・給付
  • 加入・喪失・変更
  • 給付
保健事業
よくある質問
HOME
 

Home > 資格・給付 > 交通事故に遭ったとき


交通事故に遭ったとき

 第三者から傷害を受けた場合の届出について

交通事故や傷害事件など、第三者(加害者)の行為によってケガや病気をした場合でも、必要な手続きをとっていただければ、被保険者証を使って治療を受けることができます。

ただし、その治療費は本来加害者が負担すべきものですので、医師国保は加害者に代わり一時的に治療費の立て替え払いをすることとなります。後日、医師国保が負担した治療費を、加害者(自賠責保険の保険会社を含む)に対して請求する必要がありますので、被保険者証を使う場合はまず当組合に連絡してください。当組合へ連絡後、下記必要書類を速やかにご提出ください。

必要書類

@第三者行為による傷病届
A事故発生状況報告書
B念書
C交通事故証明書(警察より発行されます。)

@〜Bの書類につきましては、書類名をクリックするとダウンロードできますので、印刷してお使いください。ご郵送をご希望の方は、お電話でお問合せください。

被保険者証が使えない場合

次の場合には被保険者証がお使いいただけませんので、ご注意ください。
@相手方から医療費に係る損害賠償を受けた場合
A業務中や通勤中の事故で労災保険が適用される場合
B被保険者の故意の犯罪行為によって生じた傷病の場合
C被保険者の飲酒運転や無免許運転など法令違反の事故の場合
D被保険者が故意に傷病を発生させた場合

 

 

電話でのお問い合わせはこちら >> 業務課 :03− 3270−6434
   

COPYRIGHT© 2008 東京都医師国民健康保険組合 ALL RIGHTS RESERVED.