公法人 東京医師国民健康保険組合
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-1-21
TEL 03-3270-6431 FAX 03-3270-2979

CONTENTS
組合概要・紹介
資格・給付
  • 加入・喪失・変更
  • 給付
保健事業
よくある質問
HOME
 

Home > 資格・給付 > 被保険者証カードを使うとき


被保険者証カードを使うとき

被保険者が、医療機関で保険診療(健康診断を除く診察・往診・診断に必要な各種検査、処置、手術、入院、処方箋の交付等)を受けようとする場合には、必ず医療機関の窓口に被保険者証カードを提示して下さい。その場合に窓口で支払う金額は下記のとおりです。区分については「高齢受給者証」「高額療養費」をご参照下さい。

 

被保険者
義務教育就学前 かかった医療費の2割
義務教育就学児
〜69歳以下
かかった医療費の3割
70歳以上〜74歳以下
(前期高齢者)
・区分「T」「U」「V」の方はかかった医療費の2割(ただし、誕生日が昭和19年4月1日までの方は特例措置により1割)
・区分「W」の方は3割

 

この他、入院中の食事代は、医療費とは別に1食につき下表の額を自己負担し(標準負担額)、残りの費用は組合が負担します。

 

区分 標準負担額
一般被保険者※ 1食 360円
・70歳未満区分「オ」の方
・70歳以上区分「U」の方
90日までの入院 1食 210円
90日を超える入院
(過去12ヶ月の入院日数)
1食 160円
・70歳以上区分「T」の方 1食 100円

※一般被保険者の方で指定難病等により入院した場合、標準負担額は260円
  で据え置きとなります。

保険診療の対象とならないもの

● 被保険者の希望により保険外診療を受けた場合

● 入院したときの室料差額

● 診療で特殊材料などを使用した場合の「差額診療費」、「自由診療費」

 

給付が制限されるもの

● 故意に病気になったり、負傷した場合(自殺行為等)、犯罪行為により病気や負傷した場合

● けんか、泥酔など著しい不行跡のために病気や負傷した場合

● 正当な理由もなく医師の指示に従わない場合

 

他の保険の給付が受けられるもの

● 仕事上の負傷(労災保険が適用されます。)

 

病気やケガと認められないもの

● 正常な妊娠・出産

● 経済的な理由による妊娠中絶

● 健康診断やその為の検査

● 予防接種

● 美容整形

● 歯列矯正

● 日常生活に支障のない、わきが、しみなどの治療

● 単なる疲労や倦怠

『高齢受給者証』について

70歳から74歳の方は、前期高齢者として、被保険者証とは別に『高齢受給者証』が発行されます。高齢受給者証は、70歳の誕生日の翌月1日(1日生まれの方は当月の1日)から75歳になるまで被保険者証と併せて提示して下さい。

高齢受給者証の一部負担割合

所得に応じて、下記のとおり負担割合が変わります。

区 分 一部負担割合
    W

        3割

    V   
    U
    T
         2割
  (昭和19年4月2日以降生まれの方)
    2割(特例措置により1割)
  (昭和19年4月1日以前生まれの方)


<区分の判定基準>
 ●W
 同じ世帯の、70歳〜74歳の被保険者のうち、お一人でも課税所得145万円以 上の方がいれば「W」となります。
 ただし、下記の金額に満たない場合は、申請により「V」となります。
 ※単身世帯の場合…年金と給与収入の合計が383万円
 ※二人以上世帯の場合…年金と給与収入の合計が520万円
 ●V
 「T」「U」「W」のいずれにも該当しない方。
 なお、同じ世帯の70歳〜74歳の被保険者の所得合計が210万円以下である場 合も「V」となります。
 ●U
 住民税非課税世帯に属する方。
 ●T
 住民税非課税世帯で、世帯の所得が一定基準以下(年金収入80万円以下等) の方。

 ○自己負担限度額について ←クリック!


 

電話でのお問い合わせは、こちらをご覧下さい。 >> 業務課 : 3270−6434
   

COPYRIGHT© 2008 東京都医師国民健康保険組合 ALL RIGHTS RESERVED.